HOME>ホットトピックス>意外と知らない!酸化チタンは色々な用途に使われる素材だった!

酸化チタンとは

どんな素材なのか知らないという人も多くいるのではないでしょうか?酸化チタンは色々な用途で使えることで知られています。意外と知らない酸化チタンについてよくある質問をまとめました。

酸化チタンによくある質問

酸化チタンはどのような特徴がある?

優れた白色度や安定性を持った顔料の一つです。多方面に利用されています。

主な利用方法は?

塗料や印刷のインクに使われています。プラスチックやガラス、ホウロウなど色々な素材に利用されています。

原産地は?

鉱山が南アフリカやオーストラリアにあります。

人体に悪影響が少ない顔料

資材

その強度から建築など様々な場面で必要とされるチタンですが、酸化している場合はまた異なる使用方法があります。ルチルとイルメナイトという2つの異なる鉱石からそれぞれ異なる方法を用いて生成され、複数ある利用方法に対しても向き不向きがあります。建築物に使用されているものも例外でなく、チタンは酸化すると光の屈折率の関係から白っぽい色になってしまいます。それは金属感を前面に出したい時などにはデメリットにもなり得ますが、逆手に取った顔料では非常に役に立ちます。まず下地の色を通す割合が非常に低く、白く見せたい時には持って来いというわけです。さらに酸化チタンは人体への悪影響も非常に小さいという特徴も併せ持つため、化粧品などにも多く用いられています。

光触媒としての使い道

酸化チタンはまた、太陽光に含まれる紫外線に反応して起こす作用を利用した、光触媒としても代表的な素材です。それはクリーンなエネルギーを生み出したり、有害物質の除去できたりするなど複数の内容で、さらにまだ発展する可能性を秘めています。

利用の可能性

酸化チタンの特徴としては、人体への悪影響が少ないことと、太陽光に反応するという2つの要素が大きいです。そして活用法が見つかってから数十年と若いので、これからまだ利用方法の選択肢が増えていくことが期待できる素材です。

広告募集中